"【仕事実績】旅行記・コラム執筆"の記事一覧

3歳からの旅育コラム連載中:ウェルカムベビーの宿(ミキハウス子育て研究所)

ウェルカムベビーの宿(ミキハウス子育て研究所)”子連れ旅行のHowTo”にて、1月より”3歳からの旅育”と題して、旅育のノウハウや各地のスポットを紹介しています。 旅育の適齢期は3歳から9歳。そのデビューとなる3歳をターゲットにした情報を発信していきます。 ぜひ、ご覧いただければ幸いです。 3歳になったら旅育デビュー♪旅で親子…

続きを読むread more

ウェルカムベビーの宿(ミキハウス子育て研究所)”子連れ海外旅行のHowTo記事”を更新

ウェルカムベビーの宿(ミキハウス子育て研究所)”子連れ海外旅行のHowTo”を更新 ミキハウスウェルカムベビーのお宿(ミキハウス子育て研究所)にて、赤ちゃん・子連れ旅行のHowToを執筆しています。今回は海外旅行についてとりあげています。 海外旅行デビューを検討の赤ちゃん・子連れの皆様、ぜひ参考になさってみてくださいね。 ■赤…

続きを読むread more

【日経DUAL】旅育コラム第二回掲載~「百聞は一見にしかず」を体感。学力面での効能も

2015年1月23日(金) 共働きのママ&パパ向けのwebサイト「日経DUAL」での連載【子どもができても旅名人】の第二回がで掲載されました。旅育の重要性・必要性を、子供をとりまく社会環境や教育改革から余すことなく語っています。今の段階での旅育の効能を良いかたちでまとめられたと自画自賛ですが思っております。ぜひご覧いただけましたら幸いで…

続きを読むread more

ウェルカムベビーの宿(ミキハウス子育て研究所)”子連れ旅行のHowTo”12月を更新

ミキハウスウェルカムベビーのお宿(ミキハウス子育て研究所)にて、赤ちゃん・子連れ旅行のHowToを執筆しています。12月は以下4点のHowTo記事を掲載しました。ぜひお出かけの際に参考になさってみてくださいね。 ■人気の三世代旅行~失敗しない旅行計画のヒント ■赤ちゃん・子連れ旅行の乗り物酔い対策(飛行機・電車・バス・車・船) …

続きを読むread more

ウェルカムベビーの宿(ミキハウス子育て研究所)子連れ旅行のHowToを更新

ミキハウスウェルカムベビーのお宿(ミキハウス子育て研究所)にて、赤ちゃん・子連れ旅行のHowToを執筆しています。11月は以下4点のHowTo記事を掲載しました。ぜひお出かけの際に参考になさってみてくださいね。 ■赤ちゃん・子連れ旅行で知って便利~気温と服装の関係&防寒対策 ■赤ちゃん・子ども料金の基礎知識~交通機関(電車:特急…

続きを読むread more

【日経DUAL】で新連載スタート~子どもができても旅名人 共働きこそ旅を

2014年11月25日(火) 共働きのママ&パパ向けのwebサイト「日経DUAL」で 新連載が始まりました。半年に渡り、旅育についてご紹介をしていく予定です。 ■子どもができても旅名人 共働きこそ旅を 頑張りますので、ぜひ沢山の方にご覧頂けましたら幸いです。 旅育に関する情報は以下からどうぞ! ■家族旅行の新スタイ…

続きを読むread more

帝国書院刊行『階(きざはし)』にて、旅育について執筆

帝国書院から、2014年10月末刊行された『階(きざはし)』の 特集:社会と教育の架け橋に  「旅で育む~家族の絆と生きる力」と題して「旅育」について寄稿しております。 帝国書院といえば、誰もが学生時代にお世話になった「地図帳」や社会科関係の「教科書」「資料集」 などを発行している出版社。階(きざはし)は、教育委員会や小・中…

続きを読むread more

ウェルカムベビーの宿(ミキハウス子育て研究所)子連れ旅行のHowToを更新

ウェルカムベビーのお宿(ミキハウス子育て研究所)にて、赤ちゃん・子連れ旅行のHowToを執筆しています。今回は以下2点のHowTo記事になります。ぜひお出かけの際に参考になさってみてくださいね。 ■子どもが喜ぶ!赤ちゃん・子連れの旅先選び ■赤ちゃんの首が座ったら、ママの疲れを癒すご褒美旅へ ウェルカムベビーのお宿につ…

続きを読むread more

ウェルカムベビーの宿(ミキハウス子育て研究所)子連れ旅行のHowToを更新

ウェルカムベビーのお宿(ミキハウス子育て研究所)にて、赤ちゃん・子連れ旅行のHowToを執筆しています。今回は以下3点のHowTo記事になります。ぜひお出かけの際に参考になさってみてくださいね。 ■赤ちゃん連れで旅デビュー~ママ&パパの心構え ■赤ちゃん連れの旅行~失敗しない荷造り術(パッキング) ■これだけは準備を!赤ちゃ…

続きを読むread more

ウェルカムベビーの宿(ミキハウス子育て研究所)にて、赤ちゃん・子連れ旅行のHowToを執筆

ウェルカムベビーのお宿(ミキハウス子育て研究所)にて、赤ちゃん・子連れ旅行のHowToを執筆しています。今回は移動に関係する以下HowTo記事になります。以下3本になりますので、ぜひお出かけの際に参考になさってみてくださいね。 ■赤ちゃん連れの飛行機も安心!快適に旅する為のヒント ■赤ちゃん連れでの列車旅をスマートに。快適に旅す…

続きを読むread more

【マーケティングホライズン】対立概念共存をテーマに「観光列車対LCC」を執筆

2014年3月1日発行「マーケティングホライズン2月号」の特集テーマは対立概念共存。 ご縁を頂き 「消費者の心をがっちり掴む~観光列車と LCC の対立概念」について執筆しております。 マーケティングホライズンは、公益財団法人日本マーケティング協会が発行するもので、媒体や企業マーケティングご担当者の方がご覧になる専門誌です。 消…

続きを読むread more

【ノジュール1月号】完全オーダーメイドの記念日プラン(星のや軽井沢)を執筆

2014年1月末発行、雑誌「ノジュール2月号」 特集「感謝の旅、記念日旅の宿」にて 完全オーダーメイドの旅プランとして、星のや軽井沢を紹介。 「集落の寿ぎ」プランを中心に、星のや軽井沢のホスピタリティについて執筆しています。 星のや軽井沢の魅力は、環境や施設は勿論ですが、心地よい距離感を保ちつつ、いざというときには全力でサポー…

続きを読むread more

【トラベルビジョン寄稿】旅館とWIN-WIN、ニーズのマッチングが鍵、WEBにない情報提供を

2013年9月に開催されたJATA旅博で行われたセミナーのレポート記事が、業界向け媒体トラベルビジョンに掲載となりました。 旅館とWIN-WIN、ニーズのマッチングが鍵、WEBにない情報提供を 今年6月までびゅうトラベルサービス代表取締役として旅行業に携わり、現在東日本旅客鉄道(JR東日本)営業部次長を務める高橋敦司氏が、「日本…

続きを読むread more

【トラベルビジョン】にクルーズ2社の記者会見の記事を寄稿

2013年9月13日に行われたプリンセスクルーズの記者発表、および14日に行わたロイヤルカリビアンインターナショナルと東京都のMOU調印式について、旅行業界メディアのトラベルビジョンに寄稿しました。 ■プリンセス・クルーズ、13年は「大成功」、さらに市場適応へ ■ロイヤル・カリビアン、東京都とMOU-14年ボイジャーは6700名…

続きを読むread more

雑誌【ノジュール】にて船旅(クルーズ)特集を監修&執筆

2013年8月末発行の、ノジュール9月号にて おトク&贅沢に、クルーズ、フェリーで新しい船旅へと題して、12ページの特集記事を監修、執筆いたしました。 最近テレビでも、プリンセスクルーズのCMが始まりました。オードリヘップバーンが出てくるので印象に残っている方も多いのではないでしょうか? 来年はプリンセスクルーズが42本、10…

続きを読むread more

「人生の達人」8月号にて『観光列車が全国で大人気』をテーマにコラム執筆

2013年7月21日発売 サムライ「人生の達人」にてコラムを執筆しました。 「人生の達人」は、健康と金がテーマの雑誌ですが、その中のニュースページを担当。 「観光列車が全国で大人気」をテーマに、素敵な写真とともにご紹介コラムを掲載頂いております。 クルーズトレイン「ななつ星」のデビューも控える中、もう少し気軽に楽しめて、しかも…

続きを読むread more

【日経新聞電子版】に、働き女子の夏休み~ひとり旅編が掲載されました

先日、日経ウーマンオンラインに執筆したコラム連載「働き女子の夏休み2013」。 好評とのことで、日経新聞の電子版に「ひとり旅編」が掲載されました。 まだご覧になっていない働き女子の皆様、いやそれ以外の方も是非ご覧ください。 ■日経新聞電子版 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2000…

続きを読むread more

【人生の達人byKKベストセラーズ】創刊号にて、旅行コラムを執筆

2013年6月21日、KKベストセラーズから新しい雑誌が創刊されました。 サムライ 人生の達人 50代からをターゲットにお金そして健康を二大キーワードにした雑誌。創刊号の表紙は、阿部総理です。 この中で、旅行トレンドのコラムを1ページにわたり執筆いたしました まだ間に合う! 1泊1万円台計算から!圧倒的な非日常性を満喫できる…

続きを読むread more

【日本政府観光局サイト】にて日本のお土産について執筆(翻訳掲載)

【日本政府観光局サイト】に、「今がトレンドの日本のお土産」について執筆し、中国語に翻訳後、掲載されています。 ■来日本一定不可错过 !2012年最新流行礼品http://www.welcome2japan.cn/vj2012/souvenirs/20130124_2220.html 中国語ですが、写真を見れば何を推薦しているか、お分…

続きを読むread more