誕生日を迎え、人生100年時代の後半戦へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
私事ですが、51歳の誕生日を迎えました。春に息子も大学へ進学し、子育てもひと段落。
これからは、旅育の環境整備をライフワークにしつつ、人生の後半戦にむけて、自分のやりたいことを全力で…と思っていた矢先のコロナ禍。
まさか旅に自由に行けない日が来るとは夢にも思いませんでした。そして、息子の大学は全面オンライン授業。もうしばらくは子どものケアもして……と思っています。
P1440301.jpg

前向きであろうと心がけていましたが、どこかでまだ納得していない自分もいたように思います。
ちょうど節目の日。withコロナの時代だと覚悟を決めて、コロナだからこそ出会えたこと、気がついたこと、できたことを増やして、いつか『そんなこともあったね』『コロナがあったから今がある』と言えるようにと思っています。

こういった折に世の中は大きく動きますが、その多くは兆しのあったことが加速するのだといいます。
自分が信じてきたことを粛々と、そして新しい価値観、生活に旅がどう役立つのかを考え、多くの方が旅を通じて元気になるお手伝いを引き続きしてまいります。

また、実は4月から、明治大学のリカレント教育プログラムで学ぶ予定が延期に。10月よりオンラインでの実施が決まったので、約半年はインプットをして充電もしたく思っております。
誕生日プレゼントは、免許を取得した息子の運転で旅をした北海道旅行。幼い時に訪れた場所にも訪問。抱っこをしていた息子の運転で再訪するのは、なんとも月日の流れを感じます。

旅の最後は幸福駅で。
P1440518.jpg


この記事へのコメント