唐津シーサイドホテルのジュニアスィートルーム

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。

昨日に引き続き3月初めに行った佐賀の旅から、今日は宿泊した唐津シーサイドホテルについて少しご紹介したいと思います。
IMG_3926.jpg福岡から鈍行列車で唐津方面へ向い、そこからタクシーでアクセス。虹の松原のすぐ横の浜辺に建つのが老舗ホテル「唐津シーサイドホテル」です。

映画グランブルーの主人公のモデルともなった故ジャックマイヨール氏が、好んで訪れたホテルで、館内には彼の直筆のサインや使った調度品などが展示されています。


IMG_3930.jpg
また彼が滞在した部屋はジャックマイヨールルームと名付けられ希望があればもちろん宿泊もOKだとか。(※上2枚の写真は、ジャックマイヨールルームからの眺め。絶景です。)

実はマイヨール氏の唐津との出会いは幼少の頃で、毎年家族と一緒にバカンスに訪れていたといいます。潜水で水深100mを突破しイルカとの交流でも知られるマイヨール氏の海との出会いの場というだけでも、一度訪れてみたいと思いませんか?

さて、マイヨール氏が滞在したのは創業当初からある東館。外観はレトロな感じも致しますが中はしっかりとリノベーションされ綺麗です。
今回私が宿泊したのは新しく建てられた西館。こちらは全室に海を望むバスルームが設置され、最小のお部屋でも47平米からとゆったりした造り。部屋によってそれぞれインテリアや間取りが違うのも個性的です。



IMG_3943.jpg私のお部屋は角部屋で”ジュニアスィート”。部屋に入るとソファのセット、奥にはベッドが二つ。そして、窓には、海・海・海・たまに島(笑)。素晴らしい絶景が広がります。


IMG_3908.jpg

広めのベランダには、テーブルセットも置かれ夏などはここでゆったりとするのも気持ちよさそうです。丁度取材に訪れたのは、心身ともに疲れているときだったのですが、お部屋に入った途端そんな気分もどこへやら・・・・とリラックス。


IMG_3906.jpg実は、ちょっと窓を開けて、波音を聞きながらソファに据わったら、あまりの心地よさにそのまま寝てしまいまして・・・・・夕食に遅れてしまうというハプニングも!



IMG_3939.jpgまた、この部屋のすごいところが、バスルーム。大理石で出来ていて、とっても広いんです。私は基本的には大浴場がある場合は、部屋のお風呂にははいらないのですが、今回は素晴らしい温泉があるのにも関わらず、お部屋のお風呂にも入りましたよ。


IMG_3969.jpgだって海を望むジャグジーに、テレビまで付いていたんですもの。なんかプリティウーマンの主人公になった気分で、夜も朝も1人ルンルンで過ごしていました。



IMG_3950.jpg夕食は、佐賀牛や呼子のイカなど、海の幸と特産を存分に。味も大満足なのですが、それに負けず劣らず素晴らしかったのがホスピタリティ。このホテルのスタッフのおもてなしは、温かくて心からリラックスできる心地よさです。都会の洗練されたホスピタリティとはまた違った、素朴だけれど心にじーんとくるような、そんなホテルです。



IMG_3979.jpg海水浴も楽しめるとのことで、春休みや夏休みは御子様連れで賑わうそう。逆に今回のようにゆったりとした気分を味わうなら、学校がお休みの時を狙うのが正解。
2月~3月上旬はオフシーズンとのことで、唐津の海を存分に満喫できました。



IMG_3933.jpgビーチには、貝殻が沢山打ち上げられ夢中になって拾ってしまいました。
丁度桜貝が多く打ち上げられていたのですが、ご一緒した唐津出身の方によると、この桜貝は恋が叶うといわれてる御守りなのだとか。
片思いの人がここで桜貝を広い、成就したら一緒に戻しにくるそうです。

5月から6月にかけては、真っ白な貝殻で海岸が埋め尽くされ、これもまた綺麗なそうですよ。是非機会があれば利用してみてくださいね。

■唐津シーサイドホテル
 http://www.seaside.karatsu.saga.jp/index.html


※旅行ジャーナリスト村田和子公式サイトはこちら
※旅行に関する執筆・講演・アドバイス等、仕事に関するご相談・ご依頼はメールでお願い致します
※取得資格:一級販売士・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック