子育てセミナーに参加

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。今日は、子育てセミナーに参加してきました。本日のセミナーテーマは「親が気持ちに余裕を作る」。全5回で開催されているPHP主催のセミナーの第2回目です。

実は先週も、かながわ子育て支援ワーカー養成講座を聴講させていただいたりと今月に入り、子育てについて考える機会を多く得ているのですが、その理由は二つあります。

一つは、自分自身の普段の子育てを振り返る機会として。
来春には我家の息子も小学生という節目を迎え、人並みにいろいろと悩みや不安もつきないわけで・・・・自分の子育てのヒントを探しに。

もう一つは現在の子育て全般の状況を知り現在の活動につなげるために。実は自分自身の経験から、子連れでの旅行というのは、レジャー目的だけではなくお母さんの癒しや、お子さんの教育にもいいと思っています。お陰さまで、そういった観点からの情報提供や執筆の仕事も最近増えてまいりました。そんな中、自分自身の経験だけではなく、もう少し広い視野から”子育て”を考えてみると、また違ったことが見えてくるのでは? と以前から思っていたんですよね。今回はテーマ的にも大変興味深いもので毎回楽しみにでかけております。

で、今日のテーマは先にも書きましたが「親が気持ちに余裕を作る」。
”余裕がある時””無い時”の子供との接し方に関して、各自思い当たることをだして発表したのですが、どれもこれも「うんうん、あるある~」というものばかり。

例えば余裕が無いときの子供との接し方であれば・・・・・・
・子供のすることを待てずに自分(親が)やってしまう
・子供の話を聞いていない
・一緒にいても上の空
・1人になりたくなる(むこういっててと言ってしまう)
・いわなくてもいいことをいってしまう(口調が荒くなる)
・本質ではなく、表面的なことに怒ってしまう

全てといっていいほど思い当たることばかりです。

そして、気持ちに余裕が無いときに共通すること(原因)を考え、そこから余裕をとりもどす為にできることを考えていく・・・というようなワークをしました。

先生のお話では、この余裕をとりもどす為にできることのレパートリーを増やすことが大切なのだとか。ディスカッション形式で、他の方のお話もききながらいろいろと気づきの得られるセミナー。次回も楽しみです。

こういったセミナーは今、様々なところで(民間、行政含めて)開催されています。行政がしているセミナーでは、託児付きのところもあり(女性センターなど)、子育て中の方も聴講できるところも多いので
ご興味ある方は探してみはいかがでしょう?


※旅行ジャーナリスト・一級販売士 村田和子公式サイト:http://www.travel-k.com
※旅行に関する執筆・講演・アドバイス等、仕事に関するご相談・ご依頼はメールでお願い致します
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック