パラリンピックを見て勇気をもらう日々

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
パラリンピック、テレビやネットで観戦をしながら、素晴らしいなあと思い、自分も頑張らねばと勇気をもらう日々。

恥ずかしながら自国開催になり、初めてしっかりと視聴しました。

我が家は学生時代に夫婦でしていたアーチェリー、そしてポッチャのチケットが当選していたのですが、例えばこの二つは、障害に応じてクラスがあるだけではなく、自分の障害にあわせ、利用する道具やフォームも工夫ができるのがすごい。

様々な理由で障害をおっても、それと付き合い競技にストイックに臨む姿。たくさんの葛藤を克服した姿はかっこいいし、多様性を体感します。そして「私も頑張らないと」と見ている方を奮い立たせる力を感じます。

オリンピックもパラリンピックも、コロナがなく平和な中で開催されたら、どんなにか子供たちにもプラスになったかと思うと悔しいですが、モニター越しでも学ぶべきことはたくさんありますね。

実は観戦予定だったポッチャの枠では、杉村選手が金メダルを獲得。その場にいたかったなあと残念な思いもするのですが、これはテレビの方が解説付きでよく理解できたかもと思っています。ちなみにアーチェリーも、会場だと何点かはまず見えないんですよね。

本日は、車いすテニスをちらっと観戦。移動も手、球を返すのも手……まさに神業です。
理由をつけて、いろいろなことをあきらめたり、後回しにしている自分が、ちょっと、いやかなり恥ずかしくもなってきます。
残り少ない日程ですが、しっかりとパワーチャージして、目の前の課題にも向き合いたいと思います。

私の唯一の東京オリンピック・パラリンピックの思い出を最後に(東京駅前のオブジェとの記念撮影です)
PXL_20210809_032554236.jpg



この記事へのコメント