wihtコロナの初取材は……疫病退散を願う@界 日光(栃木県)

withコロナの旅行取材の第一弾は、栃木県の日光へ。星野リゾート 界 日光 の疫病退散プランで「一日も早いコロナの収束、やっと動き始めた観光復興がスムーズに行われるように」と祈願してきました。
P1380818.jpg

3密回避ということで、検温や渡航歴確認のアンケートを記入したら、フロントはスルーして客室でチェックイン。
界 日光は、中禅寺湖の湖畔にあり、部屋からは湖と日光信仰の対象であり、栃木県で一番高い標高2486mの男体山(※)を望む素晴らしい眺めが広がります。(※疫病退散を祈祷いただく二荒山神社中宮祠のご神体です)
お茶を淹れてのんびりと外を眺めていると鳥のさえずりも。この時間をゆっくりと味わうだけでも、自粛疲れの心身が元気になるようで、心に沁みます。
P1380589.jpg


館内は鹿沼組子を初め、日光の伝統工芸がいたるところにあしらわれた贅沢な造り。
P1380538.jpg

P1380638.jpg

P1380572.jpg

アート、建物が好きな方は、館内をみているだけでも楽しいかと。3千坪に33室だけということで、密閉、密集とは無縁というのもコロナ禍においては安心。食事も半個室でゆったりです。
P1380599.jpg

また大浴場は、スマフォで混雑情報がみられるので、密を避けて入浴をできます。

今回の「疫病退散滞在プラン」では、祈祷した日本酒を入れた「お清め風呂」で体を清め、客室には二荒山神社による祈祷がなされたアメニティも用意されています。
P1380515.jpg

P1380535.jpg


お風呂上りには、6/1から提供を開始したという界ブランドの「至福の湯上がりビール」をゴクリ! お酒が強くない私も200mlというサイズならちょうどいい。飲み心地もすっきりとして美味しい!!一緒に提供されるのは生湯波と東照七彩ダレ。晴れていれば男体山を眺める屋外のテラスでも頂くことができます。
P1380561.jpg


夕食へ向かうと、下駄でソーシャルティスタンスを促す粋な取り組みも発見。
P1380605.jpg


お食事のスタートは、日光彫の器に盛られた「湯波ムース 献上醤油のコンソメゼリー」。これは近隣の方の宿泊が増える中、地元の人が食べなれた湯波で新しい魅力を伝えたいと考案されたものだそう。あわせているのはビーフコンソメ。そこに献上醤油を隠し味に添え、風味も豊かに。日本酒というよりもワインをあわせたくなる一品でした。    
P1380611.jpg

お酒のメニューも果実酒や日本酒の飲み比べ、マリアージュと豊富。「湯上がりビールじゃ足りない!」という方は、ここで思う存分頂けます。
P1380607.jpg


食後は、界の名物「ご当地楽:日光下駄談義」も開催。ソーシャルディスタンスということで、見学用の椅子も距離を置き、着席人数を絞っているそう。能舞台で繰り広げられるタップダンスのような軽快な踊りと日光下駄のわかりやすいストーリーは家族でも楽しめます。
P1380656.jpg


翌朝、目覚めると5時!(早い…)。せっかくなので華厳の滝まで、ゆるりゆるりと朝食前のお散歩へ。貸切で迫力満点の華厳の滝を満喫しました。道中は鳥のさえずりも美しく湖からの風もさわやか。五感が研ぎ澄まされます。
P1380707.jpg

ちなみにずっと開業延期となっていたリッツカールトン日光は、界 日光のお隣。本当に横でびっくり!こちらも開業がようやく7月15日に決まり、レストランなどは外来も利用できるとのこと。
P1380734.jpg


散策から帰宅したら現代湯治体操へ参加。界 日光は、男体山を眺めながら、日光下駄に履き替えてのストレッチを軸とした体操を無料で毎朝実施しています。新鮮な空気をたくさん体内に取り込めば体調も整い、朝ごはんも美味しい。
P1380774.jpg


いよいよご祈祷へ。車で10分弱の二荒山神社中宮祠の本殿で行われます。祝詞、神楽の奉納の後、玉串をささげます。
「疫病退散。平和な世の中が戻りますように。旅で多くの人が元気になりますように」と祈りを捧げてきました。
P1380834.jpg

※御祈祷をしてくださった 日光二荒山神社 権禰宜 福田有宏氏
gosyuin.PNG

今回の宿泊プランの特別御朱印と記念品を授かり、疫病滞在プランは終了です。

この後は、少し中禅寺湖の湖畔を散策。中禅寺湖は標高1000Mを超える日本一高い場所にある湖。外国の大使館の別荘(※元別荘で公開されているところもあれば、今も現役で非公開のものもあります)が建てられた地で、風光明媚。リゾートとしての魅力もいっぱい。
P1380945.jpg

そしてぜひ立ち寄ってほしいのが、界 日光からは徒歩で15分ほどの中禅寺立木観音。
個人で訪れても、ご案内をしてくださります。立木観音像を拝み、高台にある五大堂からの眺めも格別。私は時間がなくてできなかったのですが、16文字の写経や写仏もあり、特別な御朱印もいただけるとのこと。コロナで心がざわざわしている方、何かに集中するとすっきりとしますしますよ。本当にできなかったのが残念。
P1380997.jpg

※中禅寺立木観音堂は、日光山輪王寺の別院。ご案内頂いた 執行 畠山 慈朋氏

日光の思い出や旅の様子は、インスタグラムでもご紹介中。
コロナの第二波、第三波も心配されている中、しっかりと三密回避をしながら、心身のメンテナンスに旅を活用いただければ幸いです。

星野リゾート 界 日光
 疫病退散プラン

■日光二荒山神社
日光山輪王寺 別院 中禅寺立木観音堂






この記事へのコメント