ハワイアンズ55周年&新ホテル「カピリナタワー」発表!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
令和元年最後のお泊り、そして今年最初の泊りもハワイアンズだった私。そんなハワイアンズは、今日55歳のお誕生日を迎えました。そして55周年の記念すべき日に、新たな発表が! 新しいホテル「カピリナタワー」を2022年7月にオープンするとのこと。
20201015.jpg

現在ハワイアンズには、大きなホテルが3つありますが、そのどれよりも部屋数が多く(264室)グレードの高いホテルになるそう。

特徴として、全室ツインルーム(※一部エキストラで3名対応あり)で少人数の旅にも対応していること。また、専用のチェックイン、専用ラウンジ、専用レストランがあるクラブルームが24室あり、こちらは露天風呂付で55平米。古き良きハワイをイメージしたウッディでクラシックモダンなインテリアになるそう。フラのショーも専用座席を検討中とのことで、優雅にのんびりとリゾートライフを満喫できます。
20200115-3.jpeg

20200115-4jpeg.jpeg

写真:クラブルーム(上)/クラブルーム専用レストラン(下)

そしてカピリナタワーの一般客室は、シンプルモダンがコンセプト。こちらもスマートで可愛らしくて素敵です。
20200115-5.jpeg

一般のレストランは寿司コーナーなどがある和テイストのビュッフェを予定しているとのこと。「木」「石」をテーマにした露天風呂付の温泉大浴場は男女入れ替えで両方楽しめるそう。いわき湯本温泉は、美肌の湯として知られる泉質と豊富な湯量が特徴です。

ハワイアンズは老若男女楽しめるので家族、友人同士、三世代、と幅広くおすすめなのですが。実は既存ホテルは、部屋の定員が4.5名が基本。夫婦やカップルなど2名など割高になり、ひとりだとシーズンによっては泊まれないこともあったのです。
私は「ひとりハワイアンズ」もかなりおすすめなのですが(HP:一人旅ハワイアンズ もお手伝いしました)、シングルはビジネス仕様ですし、モノリスタワーは価格がどうしても高くなりがちで、うーんとなることも。カピナリタワーが出来れば、夫婦、カップル、そして一人旅もしやすくなると期待しています!今までアクティブにワイワイ過ごすハワイアンズのイメージとは違った、のんびりゆったりとハワイと温泉を楽しむ、そんな魅力あるホテルになりそうです。

また自動チェックインの他、手荷物を宿泊階へ運んでくれる自動ポーターなど、IoTにも力をいれるとのこと。こちらも個人的に注目しております。

東日本大震災の風評被害でファミリー層が戻ってこないというお話で、最初に伺ったのがつい昨日のことのように感じます。
全国でフラガールがキャラバンを行い、東日本だけではなく全国からお客様がきてくださるようになり、ファミリー客も戻って賑わいをみせ……そして今回の新ホテルの発表。震災前に戻るのではなく、前進する姿は、まさに復興の象徴というべき存在です。

代表の井上直美氏は「浜通りの復興支援をこの先も支えたい。ハワイアンズに訪れてその足で一帯の観光地もめぐってもらいたい」と記者の質問に回答されていました。今回のホテルの名前にある「カピナリ」は、ハワイ語で親密、つながりの意を表すといいます。お客様の絆が深まるのはもちろん、ハワイアンズ、そしていわき(福島)とお客様のつながりが深まるといいなあと思います。
ハワイアンズ55周年、そして新ホテル2020年開業おめでとうございます!

※ハワイアンズでは55周年を記念して様々なイベントやキャンペーン実施予定。現在は、宿泊者にオリジナル55クーポンを配布中。
先日試してきたので、またこちらはご紹介を致します!
IMG_3134.JPG

■スパリゾートハワイアンズ
■カピナリタワー開業発表リリース

この記事へのコメント