台風15号の被害に心よりお見舞い申し上げます。

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
千葉や鎌倉など、台風15号で甚大な被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
私の住む横浜も凄まじい暴風雨で、道路は一部が冠水、家の生け垣の紫陽花が風にあおられ、かわいそうだなあとみていたのですが、根は(10年以上の大きなもの)もう少しで抜けそうだったようで、土が盛り上がっておりました。
taihuu15.JPG
そして、翌朝の交通機関の乱れに都心は大混乱。我が家の最寄り駅は入場制限、駅にはいれず長い列ができており、報道もそんな大混乱を伝えていましたが……それが落ち着くと、報道や知人からのFACEBOOKで実は甚大な被害が広範囲にあることを知るところとなりました。大変な被害のある地域からの声はリアルタイムではなかなか届かないことを、災害のたびに痛感します。

この猛暑に電力がなく、ライフラインの復旧がどんどん先延ばしになる不安を考えると胸が痛みます。
1日も早い復旧を願うとともに、千葉といえば東京の隣。こんなに東京に近いのに(しかも東京は通常通りの生活に戻っているのに)、食料などの物資が十分でないというのに驚くとともに、被害地域の方の体調も気になります。

地震などもあり、私も備えはしていたつもりですが想定が甘かったと反省。成田の孤立状態も想像を超えており、こういった時にどうするべきかも考えておかねばと思っております。

また、我が家が初めて家族で訪れた千葉県白浜の宿、紋屋さんも甚大な被害となっているのをFACEBOOKで知りました。他の観光関係も甚大な影響があるものと思います。ライフラインが整い復興が始まる折には、何かご協力ができるようにと思っています。

せめて少し、暑さが和らいでくれますように。

この記事へのコメント