奈良県観光プロモーション会議へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
昨日、代官山iスタジオで開催された”奈良県観光プロモーション会議”に出席してきました。

IMG_1206.jpgプロモーション会議とは、プレス向けにその土地の魅力や旬の情報提供を行うもので、雑誌やテレビなど媒体掲載や、旅行会社のツアー設定などを目的に開かれます。観光地はもちろん、昨今ホテルなど宿単位でもいろいろな形で行われています。

今回の奈良のプロモーション会議ですが、非常に奈良の魅力をいい形で打ち出し、また情報満載で会議自体を楽めるものでした。
内容は以下のような感じです。

■関係者からの挨拶
■ 金峯山寺 宗務総長 田 中 利 典 さんのお話
■奈良県の観光情報等について
 ・今冬のおすすめ観光情報について
・「奈良墨」について 錦光園 長 野 佳 晃 氏
 ・藤原京ルネッサンスについて

金峯山寺は、珍しい修験道(山伏)のお寺。その歴史や、吉野の地と関わりなど、わかりやすくご説明いただきました。こちらでは毎朝”朝のおつとめ”が体験できるそうなのですが、朝もやの中、太鼓がなり、ホラガイを吹きと、修験道独特の雰囲気が味わえるそうで、私も機会をみつけていってみたいと思います。
秋には10月4日~8日まで秘仏の本尊の特別公開もあり、また帰宅後HPを拝見したら幼稚園から小学生までの夏休みの3日間の修行もある模様。
うーん、最近少々我侭になってきた息子をいれてみようかと、本気で思う私です。

IMG_1201.jpg奈良墨は、なんと市内にある8件の工房で、全国の墨の生産の95%を生産しているというから驚きます。会議では、錦光園のご主人が、実際に墨をつくる道具を持ってこられ実演。そして……最後に、にぎり墨体験をひとりひとり実施。これは、やわらかい墨を手で握り世界でひとつの墨をつくるというもの。手の形や指紋がくっきりとはいり、思い出深いお土産に。個人的にかなりオススメです。

IMG_1207.jpg桐箱にその場で入れてくださるのですが、「ぜーったいに3ヶ月箱をあけては駄目」との注意書きが。本来は灰の中で自然乾燥させるそうなのですが、この体験ではそうもいかないので3ヶ月ひたすら箱を空けずに待つそう。でも、駄目というわれると空けたくなりますよね……でも、そこをぐっと我慢。

錦光園で1,050円という手頃な値段で体験できるそうなので、是非奈良に行かれた際には挑戦してみてください。(様々なメディアの方がいらっしゃっていましたが、”これはヒットしそう!”という感想。きっと次の奈良のガイドブックには掲載されるところが多いのではないでしょうか。)

そして、9月より始まる藤原京ルネッサンス。”歩いてさらら藤原京”をキャッチフレーズに展開。里中満智子さんのイラストを活用した女性向の冊子も斬新です。里中満智子さんは、藤原京を造った持統天皇を主人公にした「天上の虹」を描かれているところから、いろいろなタイアップがあるようでこちらも楽しみです。

その他、媒体向けということで、冬の奈良のオススメコースの紹介もありました。

IMG_1204.jpg会議の後は、代官山iスタジオの日本庭園で、大和豚のバーベキューをしながらの情報交換会。私は時間の都合で失礼しましたが、なかなか盛上がり皆さん楽しそうでした。出席者に”楽しい”と思ってもらうことは、こういったプロモーションでは大切ですよね。ダイレクトに掲載へつながらなくても、よい印象というのは人を動かす力になるような気がします。

ちなみに代官山iスタジオでは、奈良に関する様々なイベントを開催。
代官山駅から直ぐの便利な立地、しかも無料のイベントなどもよく開かれていますので機会があればのぞいてみてはいかがでしょう?


追伸:カンヌ映画祭グランプリの「殯(もがり)の森」のロケ地田原地区についても紹介がありました。私も応援している田原地区など奈良のむらを舞台にしたモニターツアー、間もなく(7月10日)締め切りです。
こちらもご興味ある方は是非ご参加検討ください。
■癒しの奈良のむら体験
 http://www.naranomura.jp/column.html

■金峯山寺 http://www.kinpusen.or.jp/index.htm
■奈良墨体験~錦光園 http://www5.ocn.ne.jp/~narazumi/
■奈良県観光情報 http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/
■代官山iスタジオ http://www.pref.nara.jp/tokyo/i-studio/

※村田和子ブログ TOPページへ


※旅行ジャーナリスト・一級販売士 村田和子公式サイト
※旅に関する執筆・講演・コンサル等、仕事に関するご相談・ご依頼はこちらからお願い致します
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック