販売士6月号の会報で「旅育BOOK」をご紹介いただきました

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
実はアパレル出身で、日本商工会議所が実施してる「販売士(リテールマーケティング)」という資格を持っていている私。

そんなご縁から、会員誌「販売士6月号」の「登録講師の近著紹介」コーナーで、旅育BOOK~子どもの心と脳がぐんぐん育つをご紹介いただきました。子育て中の親御さんはもちろん、地域活性や人材教育にも役立つと思っていたので、掲載頂き嬉しく思います。
IMG_6727.JPG

ぜひご興味ございましたら、手に取って頂ければ幸いです。

IMG_6726.jpgなお、販売士(リテールマーケティング)は、日本商工会議所を実施する資格で、1級は

「経営に関する極めて高度な知識を身につけ、商品計画からマーケティング、経営計画の立案や財務予測等の経営管理について適切な判断ができる。マーケティングの責任者やコンサルタントとして戦略的に企業経営に関わる人材を目指す」

とのこと。上司の薦めもあって20代で1級まで取得したのは、今思うとよく頑張ったなあと思います。
長く流通業から離れており、直接的に資格が役立つ経験は多くはありませんでしたが、私の場合は、若いうちに世の中の仕組みを知り、仕事や生活を通して、販売士の知識があったからこ得られた気づきやビジネスヒントなどが多くありました。

変わりゆく世の中でも、ビジネスの基本は変わらないことの方が多いと感じます。若いうちに勉強を始められると、日々の仕事の中でも学びが深まるのではないか……そんな風に思っています。

なお、販売士の登録講師ではあるのですが、現場から離れていることもあり、資格の受験対策については、現在お受けしておりません
(いくつかお話を頂いたのですが申し訳ないです)。

観光を絡めた、あるいはファミリー視点(訪日含む)でのサービス構築、講演やセミナーなどは手伝いしております。
まずはご一報いただければ幸いです。


■販売士

この記事へのコメント