首都圏発の穴場旅。春は桜で街がピンクに染まる日立市の意外な魅力とは

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
お招きいただき”日立市”のプレスツアーへ参加してきました。日立というと工業都市というイメージがありましたが、海と山が近く自然が身近。もちろんモノづくりに関わる見どころもあって、老若男女がそれぞれ楽しめるスポットが満載。東京から2時間で行けるとは穴場です。今回は特に女性におすすめのスポットをダイジェストでご紹介します。
■太平洋が目の前! うのしまヴィラ
太平洋が目の前の小さなこだわりの宿。地元産を中心としたお野菜が満載の食事、木が基調の寛ぎの空間は、とても居心地が良く、ひとり旅などにもおすすめです。夏は湧き水のプールも楽しめるそう。
640-P1040282.jpg

夕食に使う野菜を見せていただきました。カラフルで見たことがないお野菜も!(奥の黒いものは、大根!なんですって)
640-P1040251.jpg

夕食のメニューから。お野菜が多くヘルシーで、たくさん食べても罪悪感なく、とても美味。大満足。
640-P1040330.jpg

部屋は女性一人なら1階の洋室がおすすめ。2階は和室で景色が良いです!
640-P1040277.jpg

宿からは朝日が昇るのが見えるので、日の出の時間にあわせて早起き。散策すると、岩場には鵜の姿も見られます。朝からパワーを享受。
640-P1040368.jpg


■ガラス張りで海に浮かぶよう~日立駅
2011年にオープンしたガラス張りの近代的な日立駅は海がすぐそこ。デザインは、妹島 和世氏。
640-P1040515.jpg

妹島さんの作品は瀬戸内国際芸術祭で拝見しておりましたが、日立市のご出身という縁で、ご担当されたそう(建て替え中の市役所もご担当とのこと)。日立駅は、鉄道関連では唯一となる国際デザインコンペティション「第12回ブルネル賞駅舎部門・優秀賞」とのこと。本当にここを目的に訪れたくなるほど見事です。
640-P1040439.jpg

宙に浮いたスペースにはカフェがあり、絶景を眺めながらパンケーキやサザコーヒーなどを頂くのもおすすめです。
640-P1040450.jpg

■日立市立かみね動物園
久しぶりの動物園で年甲斐もなくワクワク♪規模はさほど大きくないのですが、動物たちとの距離がとーっても近く、餌やりなど触れ合える催しが多いのが特徴です。動物たちはのびのびとしていて、きっと居心地がよいのだろうなあというのを感じます。こんなリラックスしたカンガルー、初めて見ました(笑)
IMG_3010.JPG

解説などもスタッフの方の愛情あふれる工夫がいっぱい!
640-IMG_3505.jpg

お子様の旅育にも、とてもおすすめなのですが。実は大人が訪れても存分に楽しめます。
今回参加した女性陣も、動物たちの愛らしさにメロメロ。表情が近くからみられるので思わずカメラに手が伸び、気が付けばすごい枚数を撮影しておりました……。ぞうのえさやりも初体験!
640-P1040467.jpg

IMG_2996.JPG


■知る人ぞ知る!パワースポット 御岩神社
日立市には、パワースポットも多数あり、今回はその一つ御岩神社へ。常陸国風土記にも登場する歴史ある神社は188の神様がまつられ、祈祷をした際、神主さんが「188の神様がいらっしゃるので、皆様の願いも、いずれかの神様かがきっと叶えてくれる」というようなお話があったのが印象的でした(確かに、どの神様かが、なんとかしてくれそうです)
640-P1040185.jpg


640-P1040213.jpg

640-P1040200.jpg


そして日立といえば、煙害を解決するために1915年(大正4年)に建てられた高さ約155.75メートルの大煙突が町のシンボルとなっていました。でも、1993年に3分の1を残して倒壊し、現在は54メートル。改修して現役なのだといいます。
日立が舞台となった、新田次郎氏の小説「ある町の高い煙突」は、映画化が決定、今年暮れには公開がされるとのこと!今から楽しみです。
640-IMG_3514.jpg

訪れた時は蕾でしたが、これから4月は桜で町中がピンクになるそう。
640-IMG_3400.jpg
ソメイヨシノの他、4月下旬にかけては大島桜が見ごろを迎えるとか。この桜は鉱山の煙害で破壊された自然を回復するために人工的に植えられたもの。
町と産業が一緒に歩んできた歴史の象徴ともいうべき存在です。

ピンク色に染まる「日立」の街は、東京から列車なら1時間半、車でも2時間ほど。ネモフィラで有名な国営ひたち海浜公園からも近いので、少し足を延ばしてみてはいかが?
私も今回は、ざっと見どころを拝見したのですが、じっくりと見たい場所も多かったので改めて再度訪問しようと思っています。

写真は”うのしまヴィラ”館主の原田実能氏(向かって右)と朝ヨガをご担当頂いたフィットネスインストラクターの柴田美咲さん(向かって左)とご一緒に。

日立市のシティプロモーション推進室の皆様はじめ関係者の皆様、この度は素敵な機会を頂きありがとうございました。
640-P1040418.jpg

■日立市観光物産協会 HP
うのしまヴィラ

この記事へのコメント