お洒落なSonyBankWALLETで、海外旅行の資金を上手に貯めて賢く使う

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。ソニー銀行から凄いものが登場し、早速切り替えの申し込みをしました。その名もSonyBankWALLET。11通貨対応の Visaデビット付きキャッシュカードです。
300-IMG_4705.jpg

対応通貨は日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、香港ドル、カナダドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナ。
お洒落なデザインは各国のお札の色から抽出し、ソニーのプロダクトデザイナーが手がけたとのこと。女性が持っても男性が持っても素敵です。
勿論、見た目だけではなく、機能も11通貨対応という優れもの。実際に何がいいかというと…
■デビットカードは、預金口座から即時に引き落とされるので無駄使いの心配はありません。
 ⇒逆に口座にお金がないと使えません。またデビットカードなのに24時間いつでも利用OK      
■VisaやPLUSマークのある世界中の店舗でクレジットカード同様に買い物ができ、ATMから現地通貨の引き出しができる! 
 ⇒外貨預金があれば口座から外貨のまま引き落とされる(※なければ円預金から両替して引き落とし)
■預金口座を開けばだれでも持てる(※キャッシュカードなので当たり前といえばそうですが)
 ⇒審査は不要。円預金だけなら15歳から利用できる。
■国内ではセブン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友、三菱東京UFJ、コンビニ端末などから手数料無料で出金OK

特に注目は2つめ。外貨預金からダイレクトに引き落とされるということは、米ドル預金があれば、ハワイで買い物をした際に、そのままドルで引き落とされるということ。具体的には円高(1ドル=118円)の時に預けて、円安の時(1ドル=123円)に旅へ行き1000ドルの買い物をしたら、118000円と123000円で、5000円のお得になる計算。
旅行の時の為替は選べませんから、たまたま円安の時にあたって費用が嵩んだ、あるいはクレジットカードで購入したら決済時に円安が進み思った以上に高くついた……という経験がある方も多いはず。
ソニー銀行のSonyBankWALLETなら、計画的に自分で為替をみて外貨預金に預けておけるので、旅行時期の為替に左右されない利点があります。しかも同様のことが先に挙げた通貨すべてで出来るのというからすごい! ユーロや香港ドル、豪ドルあたりは、旅先でも利用しやすいですよね。円高の時に預け入れれをしておけば差益の恩恵も受けられ、外貨の中には利率の良いものがあるのでダブルでお得。

このデビット機能付きキャッシュカードは、元々は貯めた外貨預金の使い道を増やすということで作られたそうですが、旅行好きの方には、ぜひ旅行で賢く使うために貯めるという発想をおすすめします。卒業旅行を控えた学生の方、あるいは海外出張の多い方などにも便利そうです。

実は私、1ドル100円を切っていたころに米ドル預金をしていたへそくり??が少しだけございまして……。このカードがあれば、旅先でお得に過ごせそうです。外国船クルーズは米ドル決済がほとんどなので、次回クルーズでも利用してみようかなと思っています。

サービスの詳細は以下からご覧ください。不正利用・ショッピングなどの保険、為替手数料などについてはしっかりチェックしてくださいね。プレゼントの当たる切り替えキャンペーンは12/15まで、新たに口座を開く方の受け付けは1/4スタートです。実際にカードが使えるのは1/4以降なので、年末年始の旅には間に合わないのがちょっと残念ですが。次回の旅行を夢みて、今から備えてみるのもいいのでは?

ソニー銀行 SonyBankWALLET
※カードは2種類。モモちゃんのかわいいピンクのカードも選べます♪
300-IMG_4704.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック