2015GW過ごし方アンケート結果~国内旅行は予約早期化・仕事という人も増加

監修した「2015年GW過ごし方アンケート(byフォートラベル)」の結果がリリースされましたのでお知らせします。私は以下の項目でコラムを執筆しております。
・「国内旅行予約の早期化」、「GWも仕事派の増加」の理由とは
・海外旅行の手配や旅先は様子見の傾向も。治安面が影響か
・北陸新幹線、「興味はあるが混雑は避けてゆっくり」。「影響」「利用意向」は地域差が顕著

概要は以下の通り、詳細はこちらをご覧ください。

【TOPIC1】2015年GWの休暇状況
GWの連続休暇日数の平均は5.7日。回答数の多い順から「5日間」(47.3%)、「4日間」(12.6%)、「8日間」(8.9%)となった。連続休暇の開始日は「5月2日(土)」が最多で、「4月29日(祝)」「5月3日(祝)」と続く。

【TOPIC2】2015年GWの過ごし方
 GWの予定が「決まっている人」は69.4%。そのうちもっとも多い過ごし方は「自宅中心で過ごす」(30.0%)。続いて「海外旅行」(21.6%)、「国内旅行」(20.3%)。「仕事」という回答も増加。

【TOPIC3】2015年GWの国内旅行概況 
国内旅行の期間は平均3.7日。人気の旅行先は「沖縄県」「長野県」「 北海道」。北陸新幹線開通による影響はみられず。「国内旅行」および「帰省」を予定している人の出発日は「5月2日(土)」が最も多く、帰着日のピークは「5月6日(振休)」。

【TOPIC4】2015年GWの海外旅行概況
海外旅行の期間は平均7.5日で、最も多いのは「5日間」(26.4%)。人気のエリアは「アジア」で、特に「タイ」「台湾」「ベトナム」の人気が高い。2位の「ヨーロッパ」は、人気の「フランス」がベスト5圏外となったのも響き対昨年でマイナスだった。出発日のピークは「5月2日(土)」で、「4月29日(祝)」「5月1日(金)」が同率で続く。帰着日のピークは「5月6日(振休)」。

【TOPIC5】2015年GWの予約動向
海外旅行予定者の85.9%、国内旅行予定者の62.2%が旅行手配に着手(3月中旬現在)。海外旅行については、「予約した」が71.0%(対昨年7.8ポイント減)と動きが鈍く、反対に国内旅行は、昨年に続き予約の早期化が進む。

【コラム・総括】旅行ジャーナリスト 村田和子
・「国内旅行予約の早期化」、「GWも仕事派の増加」の理由とは
・海外旅行の手配や旅先は様子見の傾向も。治安面が影響か
・北陸新幹線、「興味はあるが混雑は避けてゆっくり」。「影響」「利用意向」は地域差が顕著

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック