新しい宿泊スタイル「TOMARERU・とまりーな」とは?代表取締役三口聡之介氏とお目にかかりました

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日、とまれる株式会社 代表取締役 三口聡之介氏とお目にかかりました。

とまれる株式会社は、国家戦略特区の旅館業法の適用除外を利用し、賃貸物件の空室と旅行者をマッチングするサービス「TOMARERU」を運営。具体的な稼働には、各自治体ごとに条例制定が必要とのことで、現在は、それらの環境が整うのを待っている状況。訪日旅行者の増加に伴い、慢性的な宿不足になることが予想される中で、空室を活用して滞在できるというスタイルは、非常にインパクトがあります。元々訪日外国人向けのサービスですが、宿泊期間等(※長期滞在用)の条件はあるものの、日本人の利用もOKで、既存の宿泊とは違う楽しみも生まれそうです。三口氏によると「条例の制定がスムーズに進めば、来春ぐらいにはサービスが提供できる地域が出てくる見込み」とのこと。
mini-hyakusenrennma.jpg

新しいスタイルのサービスだけに、既存の宿泊施設からは戸惑いや反発の声も聞かれ、あるいは賃貸物件の周辺住民の方からは不安の声などが上がるなど解決しなくてはいけない問題もあるのは事実。でも、三口氏の話からは「新しいことを始めるというのはそういったことだし、このサービスは多くの方に必要とされている」という、信念と覚悟、そして挑戦を楽しむような雰囲気が伝わってきました。旅行者からみると、大きなイベントがある際など、宿がとれず宿泊をあきらめる、あるいは到底その客室単価としてはありえない足元を見た高額な料金を支払うケースなどもあり、それらが緩和されることはうれしいこと。既存の宿泊施設が脅威に感じるのはわからないでもないのですが、「その地域に関心を寄せ、泊まりたかったのに泊まれない」という機会損失をなくすことは、地域のリピーターや新たな観光客を呼び込むのにプラスになるはず。良いかたちで競争と共存が進むといいなあと思っています。

また昨今、旅行に関するさまざまなマッチングサイト(※宿泊、体験プラン・外国人向け観光案内等)が立ち上がる、あるいは海外から日本への進出が進んでいます。非常に興味深く面白いなあと思う反面、法的にどうなのか?あるいは旅行者の安全面からどうなのか?というグレーなものもあり、先日、観光庁の方に見解や、見極めポイントをヒアリングに伺ってきたばかり。TOMARERUは、そういった観点からも安心してご紹介でき、法を順守し折り合いをつけた中で、様々なwin-winが生み出される可能性を感じます。サービスの稼働を心待ちにしたいと思います。
なお、とまれる株式会社では、田舎の民泊が個人でも気軽に手配できる「とまりーな」も運営。こちらは、既にサービスが稼働しており、旅育的にもよさそう。また折を見て私も利用をしてみたいと思っています。お忙しい中、お時間を頂いた三口様、この場をお借りして御礼申し上げます。

とまれる株式会社

■TOMARERUの動きについては、トラベルボイスの以下の記事がまとまっていてわかりやすいです
不動産空き室物件に泊まる新サービス「とまれる」、同社代表に戦略を聞いてみた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック