日本旅行トムソーヤクラブ&情報交換会

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日、日本旅行の広報室にお邪魔しました。今回フォーカスしたのは、以前から気になっている子どもたちだけの自然体験キャンプ「トムソーヤクラブ」
20140621トムソーヤ.JPG

1987年の設立以来、25年以上にわたって活動されてきたトムソーヤクラブ、今年はコースも増やされ、東京、名古屋、大阪、九州出発で10以上のラインナップが揃います。里山・原始キャンプ(山梨県小菅村)、イングリッシュアウトドアキャンプ(岐阜県御母衣湖)、くまのまるごとキャンプ(三重県熊野)など、自然だけではなく+アルファの学びがあるキャンプも多いのが特徴。引率は専門の教育をうけたインストラクターというのもいいですね。

私が提唱する旅育メソッドの中でも、「親子別々の時間を過ごす」という項目をいれていますが、子どもにとって親と離れてする体験はサプライズ、そして学びそのもの。知らない人の中というのは、緊張もするし心細いことも多いと思いますが、逆に子供自身が自分を開放できるメリットもあるのではないかと思います。大人がそうであるように、子供だって、家族、学校という日常の世界で演じているところ、本当はこうしたいと思いつつできないこと、いろいろあるのではないでしょうか。日常の自分を知らないというのは、意外と心地よく自然体の自分になれる部分もあるのかなと感じます。また年齢層も小2から中3まで広いことから、自分の役割を持って様々に協力すること、様々な価値感に触れる体験はきっとお子さんに貴重な財産になるはず。ちなみに友人と一緒に参加しても、できるだけ班は別々にして、フラットな状態で参加できるようにされているとか。また夏休み、家族旅行に一緒に行きたくても様々な理由から、いけない親御さんも多いかと思います。
子供を一人で……というのは親も不安があるかと思いますが、トムソーヤクラブはリピーターがとても多いとこと。思い切って旅立たせるだけのメリットがあるからこそなのでしょう。
離れるからこそ出来る体験、気が付くことって、実は多いもの。この夏の過ごし方の選択肢に入れてみてもよいのでは?

なおトムソーヤクラブは、とても人気で予約が埋まるのも早いとか。ご興味ある方は、早めにお問い合わせをしてみてくださいね。また、いきなり一人は不安…という方は、ぜひ家族旅行の中で、親と子それぞれで過ごす時間を上手に作ることから初めてみてくださいね。
最近はお子様向けのプログラムをもつ宿やツアーもあるので、上手に活用するといいですよ。
600-IMG_4822.jpg

広報室長の矢嶋様と久しぶりにお目にかかり、フィッシュバンクトーキョー(Fish Bank TOKYO)という、景色も素晴らしい素敵な場所でランチを頂きながらのミーティング。
とても楽しく勉強になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

■日本旅行

汐留 フィッシュバンクトーキョー(Fish Bank TOKYO)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック