旅の思い出~香港発クルーズから帰国



250-IMG_8959.jpgこんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
昨晩、遅くに香港より帰国しました。息子と二人での海外旅行は初めて。ドキドキしましたが、香港は治安も比較的よく(※犯罪発生率などは日本よりも低いとか)街歩きも堪能。公共交通機関に乗ったり、地元の人が行く食堂に行ってみたり(コースは観光そのものなのですが)、ローカル気分も味わってきました。


250-IMG_8725.jpg今回の目的のクルーズも、港が街中なので乗船・下船もスムーズ。ただ初日の乗船説明会で、台風が近くにあることを聞き天候が心配されるスタートとなりました。
(写真は海南島のリゾートマンション建築現場。港に入る時、いきなり窓からヌボ~と見えてびっくり!しかも5棟も。一つは離れていて写真には写っていませんが壮観です。)


250-IMG_8634.jpg結局、世界遺産ハロン湾(ベトナム)こそ、台風の進路とぶつかり訪れることはできなかったものの、海南島の三亜ではエメラルドグリーンの海が広がる晴天。航海中も台風の影響で数時間揺れが強かったのですが、それ以外はほとんと雨も降らずよいお天気。4泊5日という短いクルーズだったので逆にクルーズライフをのんびり……というか、息子のペースでアクティブに楽しんできました。


250-IMG_8586.jpg今回乗船したロイヤルカリビアン社のレジェンド・オブ・ザ・シーズは、屋外、屋内にプールがあるのは勿論、ロッククライミングも船尾の甲板に設置。

250-IMG_8557.jpgもともと10階ほどの高さに、さらに高さ6Mほどの壁。息子も私もチャレンジするも、一番上まではいけず半分ちょっとで断念。それでも振り返ると大海原が広がり、ちょっと怖いぐらいでした。24時間利用できる9ホールのミニゴルフもあって、トーナメントでは、私は銀メダル獲得! 他にも毎晩マジックや踊りのショーがあり、これ全部乗船代金に含まれています。


250-IMG_8901.jpgまた今回特に子供連れということで、折に触れて訪れたのが、キッズクラブ。1歳から17歳までの子供たちを預かり、年齢に応じた様々なゲームや催しを開催。ティーンズ用には大人が入れない専用ディスコなどもあります。息子も香港、中国本土のお子さんに交じって参加。写真はファミリーサイエンスというプログラムで、家族で参加できる科学プログラム。15分ほどの簡単なものですが、楽しかったです。


250-IMG_8501.jpg船は赤ちゃんは健康上のトラブルがあった場合に怖いのでオススメできませんが(生後6カ月までは乗船できない船がほとんど)、2・3歳のお子さまから中高生まで、子連れで海外旅行を……と検討されているならお勧めです。海外の客船は非常にリーズナブルな価格から楽しめるのも特徴。今回の船も、1泊に換算するとひとり1万円~1万五千円程度から乗船できます。これで食事もアクティビティも移動費も宿泊費もすべて込みですからコストパフォーマンスは◎。なんといっても寝ている間に目的地へ着いてしまうのがいいですね。


250-IMG_8905.jpg今回乗船したレジェンドオブザシーズは、昨年のGWに横浜発着のクルーズを就航したのをきかけに、日本への寄港も多く、館内の案内には日本語表記がほとんどあります。食事も日本語メニューがあり、スタッフも片言の日本語はOKな方も多いので安心。しかもスタッフはとってもフレンドリー、日常の生活なら支障はありません。(※写真はお世話になった中国出身の双子のクルー。向かって左はマイタイムのデスクにいるZIYUN、右はウェイターのZUYUE。クルーは皆ネームプレートをつけていてそこに出身国が国旗ととも書いてあります。)


250-IMG_8550.jpgただ今回、台風の影響でいろいろとイレギュラーなことも多かったこと、また出入国も煩雑な国への寄港があったりということで、日本人コーディネーターの方が乗船されていてとっても助かりました。
(写真はお世話になった向かって左が井上美樹さん、右が五嶋亜紀子さん。井上さんはレジェンドに乗船していることが多いそうです!。経験豊富でとても楽しい話題を沢山して頂きました)

他にも、下船の準備など、船ならではの慣習がありますので、初めてクルーズを利用される場合には、『日本人コーディネーター乗船』というものを選ぶと安心です。


250-IMG_8906.jpgそして戻ってきて、息子が決意したのが『英語をしっかり勉強しよう』ということ。
船内では、香港を中心に、中国本土やマレーシア、韓国などの方が乗船していましたが、子供でも英語を流暢に話します。それを見て感化されたようです。
英語圏の人が英語を話せるのは当たり前とは思うののの、自分と同じように母国語があって英語も流暢に話していることに驚き、自分も……という気持ちが芽生えたようで、まさにこれが『旅育』かな……なんて思っております。親の目からも、今後こういったアジアの同世代の方と渡り歩く際には、言葉の問題は大きいなと改めて実感。子供のやる気を大事にしてあげたいと思います。(アシスタントウェイターのDEWE)


250-1111IMG_8854.jpg
私自身も実は英会話は苦手でいつも海外ではドキドキしています。今回基本的なことで困ることはなかったのですが、クルーや乗船している方と、もっとコミュニケーションがしたかったなあという思いが。あとは例えばイベントのトークなどで、周りが笑っているのに自分はわからないということは結構あって空気を読みたい……次回のクルーズに向けて息子と一緒に頑張ろうかと思っています。
(ハウスキーピングのERIMARはフィリピン出身。手前は象のタオルアート。キュートです!)


250-IMG_8800.jpgちなみにそんな思いを胸に乗った帰りの飛行機。3列シートのお隣は、なんと香港の日本人学校の英語の先生でした。『日本語は理解できるけれど上手く話せない』という先生と、日本語と英語を交えながらの機内はとても面白かったです。
ということで、簡単ですがご報告でした。
思い出いっぱいのクルーズ&香港の様子は、家族deたびいく にレポート予定。
お楽しみに!

■ロイヤルカリビアンの予約は、日本総代理店のミキツーリストからどうぞ。
※今回は4泊でしたが、香港発着5泊で、海南島、ベトナムを訪れるツアーは秋にも就航されます。
お値段も700ドル代からありますので、ご覧になってみてください。
※日本発着ツアーは、9月14日出発の福岡発着ツアーがあります。10泊11日でひとり89800円~(別途チップ、税金等必要)




※旅行に関する執筆・講演・アドバイス等、仕事に関するご相談・ご依頼はメールでお願い致します
※取得資格:一級販売士・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者
※2010年10月家族旅行、子連れ旅行を応援する家族deたびいくオープン!
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック