宮藤官九郎の昼ドラ

フリーで仕事をするようになって早半年。昼食時にTVをつけると大抵昼ドラの時間帯。じれったい展開が苦手なので(イライラしちゃうんですよねえ)気が向いたら見る程度だったのですが…今週から始まった「我輩は主婦である」は、大注目。

というのも、脚本が、宮藤官九郎さん(→文春のコラムでファンになりましたhttp://kazukomurata.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8B%7B%93%A1)。ドラマのほうは独特のワールドが展開されていて、テンポもよくって(よすぎる?)期待を裏切りません。しかも出演も斉藤由貴さん、及川光博さん、竹下景子さんと豪華メンバー。どうも主演の斉藤由貴さんのファンだったようですね。宮藤さん。

ちなみに宮藤さんの代表作「真夜中の弥次さん喜多さん」を先日夫が借りてきました。う~ん、夫は面白いと観ていましたが、なんとも表現し難くこちらは私的にはちょっとかな? 女性には設定がきついかと。(ちなみに、脚本は別の方、演出のみ宮藤さんですが。)

ということで、ちょっと昼間の楽しみが増えた私。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック