憧れのキャンピングカー

そろそろ夏休み向けの情報の掲載準備をしています。いくつか企画を進行中なのですが、昨日はその一つ”キャンピングカー”での旅行について、関連する書籍を多数発行されている 株式会社自動車週報社 町田編集長にお話を伺ってきました。

20060518.jpg
▲(左)町田編集長は自らもキャンピングカーのオーナー(右)キャンピングカー スーパーガイド2006(最新号)
~結構はまって見ています(笑)

キャンピングカーって、憧れがありますよね。中はどうなっているのか? 一度体験してみたいと思いませんか?でも車は高そうだし、運転も難しそうだし……そもそも特別な免許がいるんじゃないの? と思っている方も多いのではないでしょうか?

実はキャンピングカー、安いものは100万円台からあるんですって。おススメは300万円台~ということですから(←もちろん新車)普通の車と比較して、特別高いわけでもないようです。大きさも車高はありますが、幅・長さは普通車と変わらないものが多く、免許も普通免許でOK。なんと、高速代も普通車料金。思ったよりも手軽です。

種類もいろいろとあって、いわゆる運転席の上が突き出ているデザインの本の表紙にもなっているキャンピングカーはキャブコンバージョンというもの。運転席の上の突き出ている部分はバンクと呼ばれる就寝スペース。一般的に装備が充実していて、なによりもキャンピングカーの王道という感じのフォルムが格好いいですよね。

また、初心者向けにはワゴンやバンを改造したバンコンバージョンというものが、運転もしやすくおススメだとか。このバンコンバージョンは、外から見たら普通のバンとほとんど変わらないんです。お陰で、取材を終えてからというもの、バンをみる度「もしや、キャンピングカーでは? 」と期待して中を覗き込む癖がついてしまいました。怪しまれないよう程々にしなくっちゃ(笑)

その他、キャンピングカーで旅する魅力や、手軽な利用方法など、AllAboutにまもなく掲載予定です。お楽しみに。

株式会社 自動車週報社 ホームページ ▼
http://www.campingcar-guide.com/

ブログトップページ▼
http://kazukomurata.seesaa.net/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック