≪団体キャンセル発生!≫超人気ホテル3千円台!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。

≪団体キャンセル発生!≫超人気ホテル、スタッフも驚愕の3千円台!
というメールが、トクー!から昨晩きました。

見れば京都のホテル。1泊朝食付80%0ffの3160円(↓)
http://www.tocoo.jp/UserUI/do/uTop010BaseInfo.aspx?hotel_id=1009595&asp_id=0

修学旅行のキャンセル…でしょうか。こういった事態がいろいろなところで起こっているんでしょうね。海外旅行ばかりか、国内旅行も今後影響が出てくるのは必須。心配です。

そして旅行業界が大打撃なのはもちろんですが、先日も大阪市内の学校が新幹線の駅で修学旅行の延期を言い渡されたり、ほかにもコンサートの取り止めや、レジャー施設の休園などの処置が関西を中心に対応されています。

せっかくとれたチケット、一生に一度の修学旅行……どれだけの人の楽しみが泡になって消えてしまったことでしょう。もちろん各イベントの主催者も経済的な被害をこおむっているはずであり、win-winの反対、lose-loseとでもいうべき事態で、本当に残念に思います。”定額給付金”の言葉も媒体でほとんど聞かれなくなり、久しぶりに消費活動に明るいニュースも過去のものになろうとしています。

そこまでしなくてはいけないのか? という声も多く、私も思うところはありますが、主催者からすると、今の国の方針や、世間の反応を考えると、そうせざるおえないといったところなのでしょう。万一予定通り実行して、そこで感染が拡大したら・・・・・何を言われるかわりません。

東京・神奈川でも確認されたとのことで、今後生活にどんな影響がでるのか少し複雑な気持ちでとらえています。勿論、感染を最小限に防ぐことは重要ではありますが、それ以上に誰でもがかかる危険はあるわけですから、きちんと病気のリスクの程度や、感染した場合の経過などを周知頂いて、万一の心がまえをしたいものです。

マスクはどこも売り切れで、ネットで凄い高値で取引されているし、在庫がなければないで不安は募るし・・・・ちょっと悪循環が続いているような気が。もちろん、インフルエンザを軽視しているわけではありませんが、今回の弱毒性でこのような感じでは、鳥インフルエンザが万一発生した場合にはどんな感じなるのかと、別の意味でも不安になるのでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック